基礎知識ゼロから3ヶ月で基本情報技術者試験に合格した方法

IT情報

とあるIT企業に未経験で入社したわたしが一発で基本情報技術者試験に合格した勉強方法を紹介します。

試験内容

1次試験:制限時間150分 満点80点 合格基準48点

一問一答形式です。全部で80問あります。

2次試験:制限時間150分 満点100点 合格基準60点

文章問題です。大問が11問あり、必須問題が1問で残り4問を選択します。

1,2試験共に合格基準を満たすと基本情報技術者試験を合格したことになります。

2つの試験で6割を超えることが合格基準です。

※注)平均で6割を超えても合格にはなりません

試験の特徴

一次試験

基本情報技術者試験の一次試験は過去問からそのまま出題される問題が2割ほどあります。それ以外にも、似たような問題も多々出題されますので、過去問対策をしっかりと行うようにしましょう。

二次試験

文章問題ですのでこれをやれば対策できるということはあまりありません。SQLやネットワーク関係の問題はなかなか未経験からだと難しいものがあります。しかし、一部の選択問題で国語の問題のような問いがあります。その問いをしっかり押さえるようにしましょう。

勉強配分

3ヶ月前から勉強を開始し、毎日2時間勉強していました。

試験3ヶ月前

一次試験の対策をバッチリ行います。

過去問道場というサイトを使います。(使い方については後述しています)過去3年分の過去問を全て覚える気合で勉強しましょう。基本情報技術者試験は年に2回行われています。したがって過去3年分ということは6個の過去問を行うことになります。

毎日の学習時間の内1時間で40問解ます。そして残りの1時間でその40問の復習を行います。最初はしんどいですね。しかし、問題に慣れてくると解くスピードも上がっていき、知っている問題が増えていきます。最初の1週間は大変だと思いますが、さっさと習慣化させてしまいましょう。

試験2ヶ月前

1ヶ月間みっちりと一次試験対策を行ったあなたは、かなりIT用語を理解できているはずです。つまり二次試験の文章問題を読むこともそこまで大変なことではなくなっています。自信を持って文章問題の過去問にチャレンジしてください。

ここでも過去問道場のサイトを使います。大問ごとに求められる能力が若干異なります。当日にあなたにぴったりな大問を選択できるように、とりあえず全ての大問を解いてみましょう。(プログラミング問題はJAVAがおすすめです)1日に大問を1つか2つ行いそれの答え合わせを行います。最初はこれで2時間くらいかかります。慣れてきたら、問題数を増やしていきましょう。わからない単語はその都度調べるようにしましょう。

試験1ヶ月前

いよいよ残り1ヶ月です!ここからは試験に慣れることを目的とした勉強を行います。今までに取り組んだ過去問を2時間以内で解く練習です。本来試験時間は150分なのでかなりのスピードで問題を解くことになります。しかしあなたは、これまでの2ヶ月間で過去問はマスターしているはずです。考えながら、思い出しながら過去問を解いていきましょう。一次試験と二次試験を毎日交互に行います。ここでつまってしまう問題を1ヶ月間で潰していきましょう。

試験1週間前の土日

基本情報技術者試験の1週間前の土日どちらかで本番と全く同じスケジュールで問題を解いてみましょう。かなり体力を使うので一度経験しておくのが良いでしょう。

勉強に使ったツール

過去問道場

1番お世話になった過去問道場です。会員登録すると自分の成績を見ることができます。メールアドレスも会費もなしで登録できるので必ず会員登録するようにしましょう。

参考書

わからない単語はこちらの参考書で調べました。図や絵を使って解説しているのでとてもわかりやすいです。過去問道場にはない問題も取り扱っていますので余裕がある方はぜひトライしてみましょう。

わわわIT用語辞典

かなり噛み砕いた説明をしてくれるサイトです。色々な検索ツールや、面白い機能があるサイトですのでチェックしてみてください。参考書で調べてもよくわからないことはこちらのサイトで調べます。

どうしてもわからないことは…

ある程度調べたら諦める

試験は6割の点数を取れば合格できます。試験問題の内1割くらいはわからなくても大丈夫です。選択問題ですのでわからなくても正解することもあります。あなたが理解できる残りの9割に全集中するようにしましょう。

先輩に聞く

もし、身の回りに基本情報技術者試験に合格している先輩や友人がいれば質問をぶつけてみましょう。読んで理解するよりも、人に教えてもらった方が理解できることが多いですよね。

試験当日の心構え

いつも通りに

これまでやってきたことを信じていつも通りに試験を受けましょう。1週間前に模擬試験を行なっているあなたなら必ず合格できます!

時間配分

初めの1時間半で全ての問題を終わらせる気持ちで取り組んでみましょう。そのくらいのスピードで行うと余裕を持って見直しの時間を取ることができます。

2次試験の問題はとりあえず全部見る

二次試験はとてつもなく簡単に作られた問題があります。中学生の国語の問題のようなレベルです。試験を受ける前に決めている二次試験の選択を捨ててでも取るべき問題があります。

まとめ

基本情報技術者試験を未経験から3ヶ月で合格した方法を紹介しました。継続は力なり。あなたの合格を祈っています!