体を鍛えることはメリットだらけ!五年以上筋トレを続けてきたサラリーマンが詳しく解説

筋トレ

日本でもフィットネス業界の波が強く押し寄せています。筋トレ、マラソン、ボルダリングなど何か体を鍛えたい!と思っている方の後押しになる記事になっています。

アメリカでは筋トレを趣味としていることがステータスの一つとせれており、体を日常的に鍛えることが、モテる条件だとアメリカ帰りの友人が言っていました。

日本にもきっとこの流れが来るので今のうちに体を鍛えておきましょう!

体を鍛えることにるメリット

体を鍛えると様々なメリットがあります。早速ご紹介していきましょう。

  • 節約できる。
  • 体力がつく、疲れにくくなる。
  • 代謝が上がる。(冷え性改善、空腹感)
  • 成功体験を経験できる。
  • 寝つきがよくなる。

節約できる

体を鍛えることにあまりお金はかかりません。

ジム通いやボルダリング教室通いを始めるのであれば、月に約一万円の会費を払えば無制限で通えるジムがたくさんあります。

体を鍛えるだけであれば、公園の健康器具を使えば全くお金はかかりません。

自宅で筋トレをする器具を買えば初期費用は掛かりますが、それ以降お金はあまりかかりません。

愛用の自宅トレグッズです。

公園に行くのが面倒なときや、雨の時には愛用しています。たまに物干しざおに大変身します。

体力がつく、疲れにくくなる。

体を鍛えると、筋肉が増えます。

ちょっとした荷物運びや、階段の上り下り、通勤時に立って電車に乗ることなど、日常生活で行うちょっとした運動がとても楽になります。

また、もちろん体脂肪も落ちるので余分な重さを感じることがないので体が軽くなります。

代謝が上がる。 (冷え性改善、空腹感)

筋肉量が増えると、それを維持するために必要なカロリーが上昇します。

必要なカロリーが増えるので体はエネルギーを求め空腹感を感じるようになります。運動によって引き起こされる空腹感を満たす食事はとてつもなくおいしいです。あなたが病みつきになることも間違いありません。

さらに、筋肉が増えれば血行が良くなり冷え性も改善されます。

体を鍛えるしかないですね!

成功体験を経験できる。

子供のころに倒せなかったゲームのキャラを倒すことができたらとても気持ちや買ったですよね。それは単なる気持ちの問題ではなく、快楽物質のドーパミンが出てるからなんです。

大人になればなかなかドーパミンがでる機会が少なくなりますが、体を鍛え小さな目標を達成することによりドーパミンを感じることができます。

例えば、

  • ベンチプレスで前まで上げられなかった重量を上げることができた。
  • ボルダリングで行けなかったコースを登ることができた。
  • マラソンのタイムが縮んだ。

などなど様々です。

ドーパミンを感じることができれば、ほかのことにも成功体験を求めるようになり、仕事や人生のタスクにも成功体験を求めるようになります。

あなたの人生を豊かにすること間違いありません。

寝つきがよくなる。

知人に不眠症で悩んでいる方がいました。

その方は眠りたいのに寝付けず、1時間に一回は起きてしまっていました。

その方の一緒に私の趣味である筋トレを一時間みっちりパーソナルトレーニングのように行うと、その夜ぐっすり眠れ、今では私と一緒に筋トレに行くようになっています。

私自身、寝る!と決めたら一分かからず寝ることができていますし、目覚まし時計が鳴るまで起きることがありません。寝ているときの周りの音も気にならず、しっかりぐっすり眠ることができます。

体が疲れれば、それだけで眠たくなりますよね。(子供の運動会参加後、大掃除の後など)体をみっちり鍛えればそれだけで自然と眠たくなります。

あなたに素晴らしい睡眠が訪れますように・・・

体を鍛えることにるデメリット

光あるところに影ができるように、メリットの裏にはデメリットがあります。

残念ながら体を鍛えることにもそれが存在します。

  • 友人の誘いなどの交友を断るようになる。
  • 成長しないことへのストレス。
  • 周囲の人からの目

友人の誘いなどの交友を断るようになる。

快楽物質のドーパミンが出ることに関係しています。

成功体験を求めるがあまり、お誘いを断ってしまう可能性があります。

このレベルに到達するには時間がかかりますが、大切な交友関係ですのでなるだけスムーズにお断りするようにしましょう。

私からのアドバイス

しかし、自分がやりたいことを応援してくれない友人は友人とは呼べません。したがってそこまで一生懸命に交友関係を保つように努力する必要もないと思います。

成長しないことへのストレス。

快楽物質とは麻薬やアルコールのように求めるようになってしまいます。

無理をしてでも目標を達成してドーパミンを感じたいという気持ちが高まってしまいます。

そんな焦りはいい結果をもたらしません。

無理をしてしまうとあまり楽しくないですし、ケガのリスクも高まります。

私からのアドバイス

体とは徐々にゆったり、まったり成長していくものです。焦っても仕方ありませんので、気長に体を鍛えましょう。ドーパミンは欲しいです。しかし、頻繁にご馳走を食べてしまってはありがたみを感じないように、ドーパミンも体が慣れてしまっては意味がありません。たまに食べるご馳走を楽しみにするように体を鍛えるようにしましょう。

周囲の人からの目

何かにチャレンジするときに批判はつきものです。

あなたが何かを始めると

「何を目指しているの?」や「なんでそんなことするの?」

などの心無い質問を浴びせられることでしょう。

私からのアドバイス

そんな心無い質問をする方は他人のことを尊敬できない愚者なのでかかわることをやめたほうがいいです。あなたの勇気ある第一歩を応援できない、あなたのチャレンジを歓迎できないのは、その人が挑戦する楽しさも、目標を達成する喜びも知らない残念な方です。最初のうちはそのような雑音も気になりますが、そのうち何も感じなくなりますのでご安心ください。

まとめ

体を鍛えると精神面、体力面、身体の内側も外側も鍛えることができます。

自分を変えたい!何かに挑戦したい!という方はぜひチャレンジしてください。

令和には、日本にさらにフィットネス業界に追い風が吹きます。