ジム初体験の時の持ち物3選!服装はどうでもいい!?これさえあれば大丈夫!

筋トレ

ジム入会もしくは体験を決意し、勇気あるそして大いなる第一歩を踏み出したあなたを歓迎します。おめでとうございます。

筋トレ歴5年の私がこれさえあれば筋トレするの大丈夫!というアイテムを3つご紹介します。

ジムの持ち物はこれだけでOK!

運動靴

ジムへ行く運動靴さえ準備していれば問題なく筋トレすることができます。どんなマシントレーニングを行うとき、ダンベルを使って鍛える時も高いピンヒールやスリッパではストレスなく運動することは難しいです。

また、ジムではケガを防止するために運動靴でのトレーニングを強制している場所がほとんどです。スリッパなどでは躓いたり、とっさの動きが取れないですよね。

運動靴を忘れてしまうとトレーニングそのものをあきらめないといけなくなる場合があるので必ずもっていくようにしましょう。せっかくやる気になっているのにもったいないですよね。

タオル

ジムマナーとして自分のしようした機械についた汗は自分で拭かないといけません。次に使用されるトレーニーの方が気持ちよくトレーニングできるように必ず持っていくようにしましょう。

ジムによってはマシンごとにタオルがついている場合もあります。しかし、一生懸命筋トレすると汗をかいてしまいますよね。その努力の結晶(汗)が床に落ちてしまうのを防ぐ役割もタオルにはあります。

運動靴のようにトレーニングをさせてもらえないということはないですが、必ず持っていくようにしましょう。

飲料水

水分不足でトレーニングすると本来あなたが出すことのできる力の半分ぐらいしか出せないといわれています。

また、筋肉が痙攣する(いわゆるツったりすること)も水分不足から発生してしまいます。

ストレスフリーで筋トレするためにも500㎖位の水分は持ち込むようにしましょう。

これって必要ないの?

筋トレをする際に必要と思われがちな、意外と不必要なものを、筋トレ歴5年の経験から2つご紹介します。

運動着

早速意外かと思われますが、必要ないです。

筋トレする際に動きやすい恰好である必要はあるのですが、ワンピースでもスーツでも筋トレすることは可能です。私のジム友人の中には会社帰りで着替えを持ってくるのがめんどくさいのと、洗い物が増えないという理由でカッターシャツ姿でトレーニングをしている方がいます。

めちゃくちゃマッチョなのでかっこいい・・・

あなたが筋トレする際にストレスがなければ服装は何でもいいのです。

筋トレ補助器具

グローブやトレーニングベルトをしているトレーニーの方はとてもたくさんいます。しかし、それらを初体験のうちから使用する必要はないと考えます。

人によっては全く必要としないトレーニーの方もいらっしゃいます。なのであなたが筋トレ上達してきて「そろそろ筋トレベルト欲しいな・・・」と思ったときに買い揃えればいいと思います。

これも持っていったらいい(補足)

ここからは補足としてこれをもっていけばスムーズに筋トレできるものを3つ紹介します。

プロテイン

きつい筋トレ後、自分へのご褒美として摂取することをお勧めします。筋肉の成長を促すことができるし、最近のプロテインはどれもおいしいです。

「プロテインなんて飲んだらマッチョになっちゃう~」

と思われてる方はご安心ください。私はマッチョになりたくて5年間筋トレをしてプロテインも必死に飲んでいますが、現在細マッチョ体系です。

ちなみに私が愛用しているプロテインはこちらです。タンパク質含有量も多い、味もおいしく満足しております。

スマホ

きっとここに書かれなくても必ず持っていかれると思われるスマホです。

用途としては

  • 時間を図る(インターバル)
  • フォームの確認(動画撮影)
  • トレーニング方法を調べる
  • 音楽を聴く
  • 有酸素中の暇つぶし

などがあります。インターバル中に長時間スマホをトレーニングマシンの上で触っていると周りの方に迷惑になるので絶対にやめましょう。

トレーナーの経歴

これは持っていくというより知れべておくとよい内容です。

ジムの体験や、会員初日はパーソナルトレーニングを行ってくれるところが多いです。もし、ジムのホームページに担当される方の経歴が乗っていたらぜひ覚えて、筋トレインターバル中の話題にしましょう。

これだけでトレーナーの方のテンションが上がり、よりよいジム環境が整うことでしょう。

最終手段、これがあれば大丈夫

最終手段ですが、お金さえあればなんとかなります。

ジム用品はレンタルできる場合がほとんどですし、飲料水も売っています。

さらに、体験会の後そのまま入会という流れになるかもしれないのですぐに入会金が支払えるよう、お金を持っていくようにしましょう。

まとめ

財布と、筋トレを頑張る!という気持ちさえあればジムで筋トレをすることは可能です。ですがいつまでもレンタルするのはお金もかかりますし、自分の靴や水筒などは毎回のトレーニングのモチベーションアップにもなります。

  • 運動靴
  • タオル
  • 飲料水
  • 筋トレ頑張る気持ち!(超重要)

これさえ持っていけば筋トレはできます。

筋トレを継続するために参考になる記事をご紹介します。